NO IMAGE

PCを自作する人が価格帯ごとに選ぶオススメBTOパソコン

  • 2020年6月14日
  • 2020年7月3日
  • BTO
  • 810view
BTO NO IMAGE

「パソコンを買いたい」
「家電量販店のやつ高い」

という具合で買い替え検討にあたり、
悩ましい思いをしてる人は多いと思います。

※ネットで買うから拘束時間もない!

しかも量販店で買う時って手続きとかが
とにかく長くてストレス
という方も多いことでしょう

そんなわけで!

PCの自作をする人「守銭奴」が
自作する人の視点から

性能に対して最もお得なパソコンについて
予算別にてここで紹介します!

用途などが得に定まっていないならば

10万円以下のオススメPCで必要十分な性能を満たせるかと思います。

重くないゲームであれば配信もできる器用さがありますし。

「行き先案内」
予算7万円で長く使える事務作業用のを買う予算10万円でゲーム配信もする
15万円ほど用意して重いゲーム使って配信する20万円ほど出したらどんなのが買えるか見てみる

 

自作erが初心者に推薦したいBTOの条件

  • 知識0で注文しても動作するヤツが届く
  • 価格に見合った性能のやつを売ってる
  • 家電量販店みたいにお客様を長時間拘束しない

ざっくりまとめると

ネットで適当に注文しても
間違いのない品が手元に届く

お店のことですね。

この記事で紹介するBTOパソコンは
このすべてを満たした店に絞ってリサーチし
自作する人間から見て最もお得な品であります!

 

初心者にこそショップ系BTO!

ショップじゃないBTOにはメーカーの製品と同様に
余計なソフトがゴテゴテつまってるし
無駄に高い店もあるので。

初心者むけじゃないショップ系BTOもある

カスタマイズの自由度をウリにしてるお店のですね。

BTOというよりは知識がある人向けの組み立て代行
と言っても差し支えないです。

実物が見えなくても安心な理由

家電量販店みたいに情弱狩り価格ではない。

目で見たところでぼったくりに遭うのがパソコンというもの。

ですので、目で見たら安心!
手に取ったトラップに引っ掛からない点で逆に
ネット販売って実は親切だったりするのです。

知識0の初心者でも安心な理由

この記事で間違いない選び方を教えます(以上)

知識面のサポートは構成から組み立てまで
ひと通りこなした経験者にお任せあれ!

 

価格7万円以内のおすすめBTOパソコン

お値段59,980円~

デスクトップに搭載するRYZENの
グラフィック付CPUを搭載した

コンパクトなBTOパソコンです。

7万円おすすめカスタマイズ

オススメの構成は7万円よりちょっと足が出てしまいますが

メモリを16GBにしてintelの512GB ssdへNVMeを交換する仕様!(¥76,980)

外付けのHDDをすでにお持ちの場合なら
SSDの変更なしで73,380円に出費を抑えることも出来ます。

メモリを自前で交換できる人なら8GBのメモリを4000円ほど買い足して使い、70,000円以内で抑えてしまうといいでしょう、

もとがベアボーンキットなので交換作業も簡単なのも嬉しいですね。

 

価格10万円以内のオススメBTO

品切れデフォな3300Xの代打をこなせる
地味にデキるCPU「Ryzen5 3500」を搭載。

240MBのSSDでOSを高速起動。
充分容量1TBのHDDにデータを貯蔵。

メモリも長く使える16GBで
グラボはRadeon5500XTでVRの扱いも余裕。

私が友人の依頼で作成したのでも
12万円ほど掛かった3500搭載機が

ツクモのイベント応援BTOだと89,800+税。
税込みでも10万円以内で買えてしまいます!

ネット専売モデルなので

TSUKUMOの販売ページから
コロナ感染リスクとは無縁の状況で
お求めください。

 

価格15万円以内のオススメBTO

  • 14万円より安い(税抜)
  • なのにCPUが3700X
  • しかもGPUがRadeonの最高峰「5700XT」

この組み合わせで15万円を超えないのはおかしい

と、自作erとしては思わず絶叫したくなるTSUKUMOの逸品。

出来ないゲームタイトルは皆無と言えるレベルのパワーがある。

ぼくの自作機の総工費は16万円くらいしてて
載ってるCPUが2700Xなだけに

いち守銭奴としてはめっちゃ羨ましい構成です。

 

価格20万円くらいのオススメBTO

  • CPUが3900Xでグラボが2080SUPER
  • メモリが16GBあってまとも
  • マザボはちゃんとX570

色々と探ってみましたが
ドスパラのGARELLIAにあったのが
一番コスパいいモデルでした。

足はちょっと出るものの
ハンパなやつ買うよりはるかにいい選択です。

予算に20万円あるなら
これくらいの贅沢が出来ますよ、
という次元の話なので

何せここまで行くと
VR接続するにしても過剰戦力ですからね。

扱うソフトの重さと
配信するかしないか

これらの条件さえ満たしていれば
家電量販店で買う時みたいに

20万円も握りしめなくてもいいんです!

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!