B550搭載ASRockマザーボードの選び方

B550がついに解禁しました。

自作er774号
B450の低価格路線を踏襲してるの?

 

自作er
Steel legendはあるの?

などの期待があるかと存じます。

ですが、B550と450はSteel legendはあれど
全く違う性格のチップセットとなっています。

「DBDみたいな音が重要になるゲームで無双するマザー」

自作もDBDもする守銭奴としてはこういう理解に落ち着いています。

少し前にGIGABYTEが出した
27インチの高額ゲーミングモニターの
半額以下の出費でも音源索敵を入手できる

シロモノがASRockのB550に注目する理由なんですよね。
関連記事→FI27Q-Pがテレワーク中のゲーマー勢に最適すぎる3つの機能美

と、いうわけで。

  • お値段重視ならB450でおkな理由。
  • B550を選んだ方が得する人
  • B550のASRockマザーで損しない選び方

について
いちASRockerとして
いちDBDプレイヤーとして
まとめました。

[outline]
「行き先案内」
ASRock製B450の特徴mini-ITXの選び方
価格志向ならB450のままでいい理由価格とASRockのB550

 

ASRock製B550のlineup

  • B550 Extreme4(国内限定)
  • B550 Taichi
  • B550(M)syeel legend
  • B550(M)pro4
  • B550 PG Velocita
  • B550 phantom gaming4
  • B550 phantom gaming-itx/ax
  • B550M-HDV
  • B550M-itx/ac

まず、候補から外れるのは
M-HDVとM-ITX/AC。

最安なグレードなのですが
ヒートシンクやVRMがなく
ASRockらしからぬ脆弱なモデル。

おまけに、Pro4と1000円くらいしか変わりませんからね。

 

B550搭載ASRockマザーボードの特徴

  • ラッチのツマミに壊れにくいSteelslot GEN4を採用
  • 上位モデルはDr.Mos搭載で排熱強化
  • 5200までサポートされたメモリ速度

BとXの違いを価格で差をつけず
用途で差をつけるようデザインしたのがASRock。

ただ、他社も同じような指針で作っているようにも見受けられます。

 

ASRock製B550のGaming性能

搭載されたnamitic audioのオンボードデバイスとソフト。

namitic audioは豊かな音響性能と機能だけでなく
ゲーミングに役立つ機能を搭載。

音の発生方向を視覚的にレーダーとして表示する機能。

DBDのような聴覚情報が勝敗を握るゲームでは
その有無が勝敗そのものを決する

といっても過言ではありません。

以前に記事で紹介した
AORUSのゲーミングモニターにも
同様の機能が搭載されてますが

価格差を考えればマザーボード搭載の方が
「半額以下」で導入できます。

ASRock B550 phantom gaming

ASRock製B550のmini itxマザー

phantom gaming-itx一択ですね。

ax接続できるwifiを標準搭載。
上位モデルなのでdr.mosも装備。

お値段は27,478円。

B550搭載ASRockもsteel legendがイイ

 

B550 ASRock PG velocita

B550 ASRock Taichi

B550搭載ASRockマザーのreview

いい口コミ

悪い口コミ

B550 ASRock 価格

価格帯は1.3万円~3万円

ASRockのマザーもB550の後継に非ず

低価格をウリにしていたB450の立ち位置を
B550は踏襲しません!

ですので、B450を買う理由はそのまま残り続けます。

FPSやDBDのように
音が勝敗を分けるゲームで勝つ為の
マザーボード

Zen3アーキテクチャ搭載をスムーズに行う前準備

といったX570とは全く別の客層を相手にした仕様
になっているのがASRockのB550。

X570はOCを楽しむマザボで
B550はゲームガチ勢用マザボ

という理解でよろしいかと。

低価格ならB550よりB450を

AM4で安いマザーボード

という地位はB550が登場しても変わらないのがB450。

ゲームで勝つ積もりもなく
大して性能を要求しないなら
B550ではなくB450を選ぶべきです。

お求めやすいマザーとして
B550は存在してるのではありませんからね。

 

ASRock B550 pro4は低めの価格

Pro4にはRyzen5を載せて稼働させる程度の力があります。

上位モデルのRyzen7などを載せるには
頼りないですが

そもそもコスト性の追求を考えるなら
選択肢自体がRyzen5までになります。

コスト性重視でゲームに勝つなら
Ryzen5 3500やRyzen3 3300
PRO4に載せる選択になるのは間違いナシです!

最新情報をチェックしよう!